小川の家造り

大切なものは何かを問い、優先順位をつけ、実践する。


写真はK野さま@佐賀市

6月になりますね。
おかげさまで多くのご家族から家づくりのご相談、ご依頼を頂いております。有難いことです。

それぞれのご家族にはそれぞれの事情があり、望む暮らしを叶えるためには問題を整理して、大事なことから解決していく必要があります。「解決」と言葉は2文字ですが、大事なものほど解決に時間と労力を要する。そもそも解決策から考案する必要があるし、解決すべき問題が何かを特定する必要がある。多くの場合、「これが重要な問題です」とは問題のほうから手を上げてくれるわけではない。

最初のご相談から、半年、1年、ときには2年以上もかかりながら、ひとつひとつ、一歩ずつ、一段ずつ、前進していく道のりを共にすると、お客様同様、ひとつの難所をこえると、私もやはりホッとして祝杯をあげるわけです。

たとえば
・S田さん@長崎市、住宅ローン仮承認!(相談から8ヶ月)
・Sさん@諫早市、今週末ついに完成!(依頼から10ヶ月)
・K本さん@大村市、農用地の除外許可、後見登記完了、まもなく分筆登記完了!(依頼から7ヶ月)
・N村さん@諫早市、購入する土地の造成&完了検査!(相談から1年3ヶ月)
・K丸さん@薩摩川内市、農地転用許可&住宅ローン本承認、ついに着工!(相談から1年)
・T川さん@長崎市、いよいよ着工!(相談から1年2ヶ月)
・A川さん@諫早市、いよいよ着工!(相談から8ヶ月)
・Nさん@千代の幸、来月いよいよ着工!
・K野さん@佐賀市、ついに上棟!(相談から1年半)
・T中さん@千代の幸、プラン誕生!(相談から1年)
・T代さん@諫早市、ご実家のリノベーション、まもなく完成!(相談から10ヶ月)

着実に、具体的に、前進するかどうか、
時間経過と共に、見通しが立っていくかどうか、
そのポイントは、大切なものは何かを問い、優先順位をつけ、実践する、この地道な作法を、愚直に、その都度立ち止まってやり続けること。
一足飛びにはいかないし、いきなり土地探しやプランや設備の話をしても、それはほとんど意味がない。やるべきことは目に見えず、大切なもの、大事な物事ほど、気付いていないことが多い。

家づくりとは
・土地の問題(土地探し、許認可、造成)
・親族間の問題(相続、贈与、同意、自立)
・夫婦間の問題(人生観、価値観、対話、協力、合意)
・資金調達(住宅ローン)の問題
・許認可の問題(建築地の法令制限)
・自分の問題(どういう生き方をしたいのか)
を解決していくプロセス。
自分自身、パートナーの考え、夫婦の信頼関係、それぞれの家族、それぞれの建築地、それぞれの経済的事情に応じて、やるべきこと、それに要する時間と労力と費用は異なるわけですが、いずれにしても「大切なものは何かを問い、優先順位をつけ、実践する」これを、その都度、その段階で、ひとつひとつ長期的な視点を交えて、地道にやり続けることでのみ、実現に近づくわけです。

問題は、大切なものは目に見えない、ということ
立ち止まって深く考えないと、何がいちばん大事なことなのか、気づかないし、分からないわけです。
だから、あえて、なにもなくても、一度立ち止まって、いまいちばん大事なことはなにか、大切なことは何か、という問いを立てる必要がある。

で、大事なことがなにか、明らかになったとすると、これを解決しなければなりません。多くの場合、この解決が容易ではない。ひと手間、ふた手間、一人で熟慮、夫婦で話し合いが必要になる。ときにはこれまでの考え方を変える必要が出てくる。でも、これを面倒くさいからとか、別に大丈夫さ、と甘く考えて手順を抜くと、一見、先に進んだようで、結局は具体的に進展しないか、もっとややこしい問題が今度は見える形で現れて来て、家づくりが頓挫する。

大事なことや要望が複数ある場合には、その段階で、優先順位をつける必要がある。なぜなら、二つも三つも同時には解決できないから。時間と命に制約があり、経済力(支払い能力)にも制約があるから。

家づくりを考えているのに、具体的に進展しない場合には、
その原因は
①依頼している不動産会社や住宅会社の選定に問題がある
②身内の問題が解決していない
のいずれかにある。

身内の問題とは
①まずは自分自身の問題=どういう人生にしたいのか、何に困っているのか、ケリがついていない
②夫婦間の問題(きちんとした対話ができていない、価値観や人生観の理解と共有が不十分)
③親族間の問題

つまるところ、
自分自身の人生にとって、大切なものは何か、という問いに対する考えが整理されていない。判断するのは自分ですから、自分の中での価値判断基準をつくらないと、何も判断できない(今のままを選択し続けるのも自分の判断である)。

自分自身にとっての大切なものを明確にする。
そうすれば、なぜ家を建てたいのか、なぜ今の住まいのままではイヤなのか、明確になる。
それをパートナーに伝える。
理解と賛同が得られれば、家づくりは具体的に前進する。
家づくりの目的は自分が望む暮らしと人生を叶えるため。

案外、自分の中で気持ちの整理がつけば、視界が拓け、希望がわいてくるものです。何事にも柔軟になりますし。気にしていたことがどうでもよくなってくる(いい意味で)

小川の家は子育て優先。
子どもの心身の健康にとってどうか、子ども時間にとってどうか、これを大切にしています。
小川の家は家づくりを通じて、人生の問題を解決していきます。

「なんとかしたい」と思われている方へ、まずは家づくり診断をご活用下さい。
info@ogawanoie.jp 電話:095-879-7888(平日9時〜17時)

ご先祖様からの土地に、次世代が暮らす。K野さま@佐賀市。
ここに至るまでたくさんの困難がありましたが、この景色を眺めて、思わずウルッときちゃいました^^

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • @LINE

私が書いています

代表取締役 小川勇人(おがわはやと)

代表取締役 小川勇人おがわはやと

1973年長崎の小さな工務店の長男として生まれる。2000年頃、シックハウス症候群と様々な社会問題が子育ての住環境に起因していることに気づく。以降、子育てを優先した家づくりに徹する。日経ビジネス誌にて「顧客の人生を助ける善い会社」として紹介(2015),著書「暮らしは変えられる」(2008)#妻と二男一女#ウルトラマラソン#登山#MBA(長大大学院,2014)#熊大工学部(1996)#長崎東#福大非常勤講師

暮らしは変えられる 「子育て優先」という選択 小川 勇人  (著) 小川 勇人のFacebook
子育ては、小川の家。